Panya芦屋 (ぱんやあしや) 前橋店

高級生食パン専門店

群馬県前橋市に、新しく高級食パン専門店、Panya芦屋がオープンします。

オープンは6月19日を予定しています。

Panya芦屋は、名前の通り芦屋に本店がある食パン専門店です。

2種類の食パンがります。

この2種類で、前橋に挑戦です。

Panya芦屋がオープンするのは、2021年5月に建ったばかりのSOLANA Ⅱです。

駅からは徒歩19分と遠いのですが、

周りは住宅地で、静かなところです。

スポンサーリンク

Panya芦屋 前橋店 SOLANAⅡに6月19日オープン!アクセス方法やメニュー・お値段などをご紹介

パンヤ芦屋のメニューは、セレクトとプレミアムの2種類です。

Panya芦屋のメニュー

SELECT

1.5斤1本 702円

食感にこだわって、毎日丁寧に焼き上げられる「セレクト」。
そのまま食べると耳までやわらかく、軽くトーストすると甘みが増すのが特徴です。サンドイッチやシチュー、グラタンなど、お料理とも良く合います。

PREMIUM

1.5斤1本 810円

ほんのり優しい甘さとバターの香りが口に広がる「プレミアム」。
厳選された素材を使用して、密度の濃いもっちりとした生地に仕上げています。フレンチトーストなどにしていただくと、より甘さが引き立ちます。

Panya芦屋の食パンをご紹介

生食に適したプレミアムと、トーストに適したセレクトをご紹介します。

私はトースト派。

もちっとした食感がある方が好き。

神戸から芦屋は、古くから外国人が移住した土地です。

そのためパン文化が発達。

甘すぎるよりも香り、こしなどの食感を好みます。

バターとも合う主食としての食パン

甘すぎないけど、食べていくうちにしっかりと甘みも感じられる食パンです。

セレクトはバターにも合います。

バターに合うっていう点も大切です。

主食である食パンとして作られています。

料理と共に食べるのが主食ではないでしょうか。

例えばフランスパン。

高級なフランスパンは、無味の中に味があるパンとなっています。

取り立て甘いわけではないですが、薫りが良くて、噛んでいくと最初に塩味、そして甘みと広がります。

セレクトの製法

Panya(ぱんや) 芦屋では原料にこだわり、低温長時間熟成を採用しました。

なんた、前日から15時間程度生地を寝かせる低温長時間熟製法を採用しているんです。

さらに、バターと生クリームを使う事で、自然な甘みも引き出しています。

Panya芦屋 前橋店の食パンはどんな感じ?店舗の場所は?店舗情報

Panya芦屋 前橋店 の住所

住所:群馬県前橋市南町2丁目47-1

Panya芦屋 前橋店 の地図

Panya芦屋 前橋店 の周りはどんな感じ

Panya芦屋 前橋店 のアクセス

前橋駅から徒歩19分

Panya芦屋 前橋店 の電話番号や営業時間などの情報

Panya芦屋 前橋店 の電話番号

TEL:わかり次第掲載します

Panya芦屋 前橋店 の営業時間

営業時間:わかり次第掲載します

Panya芦屋 前橋店 の定休日

定休日:わかり次第掲載します

Panya芦屋 前橋店 の求人・アルバイト情報

タウンワーク

 

兵庫県の食パン専門店

兵庫県は食パン専門店が多い。

兵庫県の食パンを食べ歩いた筆者がおすすえの人気食パン専門店をご紹介!

兵庫県のおすすめ人気食パン専門店

コメント

タイトルとURLをコピーしました