高級食パン専門店 いつかの馬鹿ップル(いつかのばかっぷる) 7月23日日豊岡駅前大開通り沿いにオープン

岸本拓也氏プロデュース

兵庫県の北の街豊岡。

豊岡に有名ベーカリープロデューサーが手掛けるお店が7月23日にオープンします。

詳しい場所は、JR豊岡駅からすぐの大開通り沿いです。

スポンサーリンク

の場所・どこにできるの?

の住所

住所: 兵庫県豊岡市大手町1-27

の地図

の周りはどんな感じ

周辺の様子

の基本情報

の電話番号

TEL:

の営業時間

営業時間:

の求人・アルバイト情報

タウンワーク

はどんな食パンの特徴

バターと生クリームがたっぷりと使われていて、さらに砂糖とハチミツが使用されています。

ふっくらもちもちで、生食すると口の中に心地いい甘さが広がります。

※写真は「朝起きたら君がいた」の食パン

と言っても、これは「いつかの馬鹿ップル」を手掛ける別のお店の話です。

まだ、いつかの馬鹿ップルの食パンは食べた事がありません。

しかし、有名ベーカリープロデュースの岸本拓也氏の食パンはプレーンとぶどうパンの2種類がほとんど。

おそらく同じような内容になると思います。

の食パンの美味しい食べ方

岸本拓也氏の手掛ける高級食パン専門店の食パンを美味しく食べる食べ方は?

ずべり、生食です。

千切ってふんわりしている所を食べると美味しいです。

品のある中華蒸しパンと言うようなしっとり感。

その割にふっくらしているのにもちもちしています。

ハチミツの甘さと、生クリームとバターがちょうどいい甘さです。

トーストにしても甘くて美味しい

生食がおすすめの食パンの場合、焼くとあまり美味しくない場合があります。

何ていうのか、焼くと味が変ってしまったり甘すぎてバターに合わない事があるのです。

しかし、驚いたことに岸本拓也氏プロデュースの食パンはトーストにしても美味しく頂けます。

をみんなはこんな食べ方しています

SNSで、一般の方が美味しい食べ方を紹介してくれていますが、今回は岸本拓也氏プロデュースの食パン店自らのアピールです。

のまとめ

 

タイトルとURLをコピーしました